雨ダレ対策の豆知識

雨ダレ対策の豆知識

塀や門柱の汚れ防止のために笠木を設置する場合がありますが、
気をつけていただきたいポイントがあります。

笠木とは一般的には鳥居や門、塀、手摺などの
上端に渡す横木、冠木(かぶき)のこと。

外構では、塀や門柱の立ち上がりなど上端の保護や
雨仕舞いするカバー目的で付ける長い材のことです。

洋風な外構に合うレンガの笠木。

とてもお洒落なデザインですが、
レンガの目地が雨水の通り道になって、
汚れが余計に目立ってしまう事もあります。

アルミ製の笠木

汚れが目立ちにくく、オススメです。

シンプルなカラーや
木目調のラッピング材もあります。

One Point アドバイス

汚れを目立ちにくくする方法として、
塀や門柱の上部の仕上げを平らではなく、斜めにする方法もあります。


表側(=道路側)より、裏側(=敷地の内側)を低くし、雨水が裏側に流れやすくします。
雨だれによる汚れが、表側よりも裏側に出るようになります。

ただし、ポストやインターホンの下には汚れが出てしまう事がありますので、
その点はご了承くださいませ。


キーワードから施工例を検索

キーワードで絞り込んで外構施工例をご覧いただけます。



外構資料請求・プラン作成無料! 外構豆知識 激安全国エクステリア通販 関西限定工事コミコミショップ 激安カーポート/サンルーム/テラス屋根 関西キッチン・お風呂水まわりショップ
木製ブランコプレゼント
無金利ローンキャンペーン
職人さん募集!!
あなたがお気に入りチェックした施工例
    閲覧履歴 当サイトであなたが見た施工例
      新着施工例
        Copyright(C)2011.Family Teien Co.,Ltd.All right reserved.