水はけを良くする方法

水はけを良くする方法

地盤は一定の給水力しか持っていないため、
大雨や梅雨時期等の長雨の時には水たまりが出来てしまいます。

水はけを良くするには、水はけのよい土に土壌改良したり、
盛り土をして排水の路をつくる等の方法がありますが、
地中に透水管を埋める方法もあります。

透水管(とうすいかん)とは?  管の中を水が通りながら,
同時に管の外にも水を通すことのできる管のことです。

水はけの悪い所に埋め込み、水を集めて
土の中に排水の道をつくることにより、
地表に水たまりが出来ないようにしてくれます。

<作業手順>

1、土を掘り、透水管を通します。

2、管の出口は雨水マスなどの排水マスにつなぎます。

3、その上にバラス等をひき、雨水が地表から管まで流れやすくします。

4、上に土を戻して完成です。

管を埋めるだけなので、周りの植栽にも安心。
余分な水は透水管を通して排水してくれるので、
雨の日は土の場所がドロドロ・・というのが軽減されます。

<施工例>


Before

After

上に土を戻すので、スッキリ!

透水管が見えないので、ガーデニングや
お子さんが土遊びする際などは、気を付けてくださいね。


キーワードから施工例を検索

キーワードで絞り込んで外構施工例をご覧いただけます。



外構資料請求・プラン作成無料! 外構豆知識 激安全国エクステリア通販 関西限定工事コミコミショップ 激安カーポート/サンルーム/テラス屋根 関西キッチン・お風呂水まわりショップ
木製ブランコプレゼント
無金利ローンキャンペーン
職人さん募集!!
あなたがお気に入りチェックした施工例
    閲覧履歴 当サイトであなたが見た施工例
      新着施工例
        Copyright(C)2011.Family Teien Co.,Ltd.All right reserved.